心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説

マッサージ

リハビリ医療の現場で働く

理学療法士は、日常動作の機能回復を主な目的とする理学療法のスペシャリストです。養成コースを持つ大学・短大・専門学校等で3年以上学び、国家試験に合格すると資格を取得できます。医療の分野はもちろん、最近は高齢者介護の分野でも活躍する人が増加しています。

詳しく見る

施術

骨や筋のスペシャリスト

柔道整復師は骨や関節等を治療する仕事です。医師とは違い投薬や手術を行わない非観血的療法で治療するのが特徴です。この仕事は国家資格が必要です。指定された養成課程のある大学や専門学校で学び卒業してから国家試験に臨み合格することで資格が得られます。

詳しく見る

施術

医療関係の資格を取得する

医療関係の資格取得を目指すなら理学療法士がオススメです。理学療法士は体に障害がある人に各種療法を行い、日常生活の改善をサポートする人のことです。理学療法士は国家試験に合格する必要があり、大学や専門学校等で所定の科目を履修することが条件です。

詳しく見る

大学生

心理系の専門家になる

心理学を医療に応用している専門資格は現在のところ臨床心理士がありますが、近いうちに公認心理士も設立されます。しかし、いずれの職種も高いモチベーションが要求されます。取得には大変さはありますが、働く意義や活躍できる幅は非常に大きいと言えます。

詳しく見る

男の人

費用はどれだけかかるのか

理学療法士になるためには、専門学校や大学に通うことになります。費用は年間で200万円近くかかることが多く、4年制の学校だとトータルで800万円以上かかることも少なくありません。少しでも安く早く資格を得るためには、3年制の専門学校がお勧めです。

詳しく見る

精神ケアの専門家

カウンセリング

精神的な力になる存在

心理学関連の資格には色々とあります。しかし、どれも民間資格となっており、平成30年には公認心理師という国家資格が誕生する予定となっていますが、現在の時点では国家資格はまだ存在していません。心理学ではよく知られている臨床心理士も民間資格です。その臨床心理士を取得するためには、大学を卒業してから指定の大学院に通わなければなりません。そして取得したとしても、5年に1度更新制度があります。臨床心理士以外では、大学で必要単位を取得して得ることができる認定心理士、セミナーで単位を取得して試験に合格することができれば獲得できる産業カウンセラーなどがあります。ほかにもたくさん心理学関連の資格はありますが、主に知られているのは心理臨床に取り組む専門家である臨床心理士、心理学の基礎を習得できた認定心理士、労働関連の人の心をケアする専門家となる産業カウンセラーといわれています。どの資格も心理学の基本を知らなければ活動することが難しいもので、メンタルケアに取り組むものです。カウンセリング方法を学び、人の話を聞くことができるようになるための授業を受けることもあります。そのほか心理学実験を行い、集団的に行動する人間の心の動きや精神的にストレスを感じるときの行動など、研究として取り組みレポートを書いていく授業も行うことがあります。人間の心を主に考えていくため、現在精神的に悩む人にとって頼りとなる立場となります。精神的なケアが必要視されてくるようになっている世の中で、心理学の専門家を目指す人は増えています。

PICK UP

リハビリ医療の現場で働く

マッサージ

理学療法士は、日常動作の機能回復を主な目的とする理学療法のスペシャリストです。養成コースを持つ大学・短大・専門学校等で3年以上学び、国家試験に合格すると資格を取得できます。医療の分野はもちろん、最近は高齢者介護の分野でも活躍する人が増加しています。

詳しく見る

骨や筋のスペシャリスト

施術

柔道整復師は骨や関節等を治療する仕事です。医師とは違い投薬や手術を行わない非観血的療法で治療するのが特徴です。この仕事は国家資格が必要です。指定された養成課程のある大学や専門学校で学び卒業してから国家試験に臨み合格することで資格が得られます。

詳しく見る

医療関係の資格を取得する

施術

医療関係の資格取得を目指すなら理学療法士がオススメです。理学療法士は体に障害がある人に各種療法を行い、日常生活の改善をサポートする人のことです。理学療法士は国家試験に合格する必要があり、大学や専門学校等で所定の科目を履修することが条件です。

詳しく見る

心理系の専門家になる

大学生

心理学を医療に応用している専門資格は現在のところ臨床心理士がありますが、近いうちに公認心理士も設立されます。しかし、いずれの職種も高いモチベーションが要求されます。取得には大変さはありますが、働く意義や活躍できる幅は非常に大きいと言えます。

詳しく見る

Copyright© 2017 心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説 All Rights Reserved.