心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説

骨や筋のスペシャリスト

施術

国家資格が必要

ケガや病気の治療を行うといえば医師が当てはまりますが、骨や関節、筋や腱等にケガや不調が起こった場合は、柔道整復師が治療を行うことができます。柔道整復師とは、日本古来の伝統医療である柔道整復をもとにした治療を行う職業です。骨や関節等の治療は整形外科医も行いますが、柔道整復師の治療は医師とは違い手術や投薬は行わない「非観血的療法」が特徴です。基本的には素手のみの治療で、湿布やテーピング等を使用して人間の持つ自然治癒力を発揮させるように導きます。柔道整復師は「ほねつぎ」とも呼ばれ、多くは整骨院や接骨院で治療を行います。この他では、スポーツチームのトレーナーとして活躍している人もいます。柔道整復師になるには、国家資格が必要です。この国家試験を受けるには、文部科学大臣もしくは厚生労働大臣が指定した柔道整復師の養成課程がある大学および専門学校で3年以上学び、必要な知識や技術を修得することが条件となっています。国家試験の合格率は、毎年およそ70%くらいです。学校でしっかりと学ぶことが合格への道を開くといえます。なお、社会人で柔道整復師を目指そうと考える人もいるでしょう。このような働きながら学ぶ人のために、一部の専門学校では夜間部を設置し便宜を図っています。先にあげたように、柔道整復師の多くは接骨院等で働き、中には技量が向上させた後には開業を目指す人もいます。現在、日本は高齢化が進行しており、骨や関節等に問題がある人が増え続けていることから、今後ますます柔道整復師の活躍が期待されているのです。

PICK UP

リハビリ医療の現場で働く

マッサージ

理学療法士は、日常動作の機能回復を主な目的とする理学療法のスペシャリストです。養成コースを持つ大学・短大・専門学校等で3年以上学び、国家試験に合格すると資格を取得できます。医療の分野はもちろん、最近は高齢者介護の分野でも活躍する人が増加しています。

詳しく見る

骨や筋のスペシャリスト

施術

柔道整復師は骨や関節等を治療する仕事です。医師とは違い投薬や手術を行わない非観血的療法で治療するのが特徴です。この仕事は国家資格が必要です。指定された養成課程のある大学や専門学校で学び卒業してから国家試験に臨み合格することで資格が得られます。

詳しく見る

医療関係の資格を取得する

施術

医療関係の資格取得を目指すなら理学療法士がオススメです。理学療法士は体に障害がある人に各種療法を行い、日常生活の改善をサポートする人のことです。理学療法士は国家試験に合格する必要があり、大学や専門学校等で所定の科目を履修することが条件です。

詳しく見る

心理系の専門家になる

大学生

心理学を医療に応用している専門資格は現在のところ臨床心理士がありますが、近いうちに公認心理士も設立されます。しかし、いずれの職種も高いモチベーションが要求されます。取得には大変さはありますが、働く意義や活躍できる幅は非常に大きいと言えます。

詳しく見る

Copyright© 2017 心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説 All Rights Reserved.