心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説

医療関係の資格を取得する

施術

合格を目指すための勉強法

福祉や医療について関心があり、医療関係の資格を取得したいと考える人が増えています。医療関係の資格は数多くあります。最も難しいのは医師や歯科医、薬剤師となり大学で数年間勉強する必要があります。その他にも色々ありますが国家資格なら理学療法士が人気があります。理学療法士とは、事故や病気で身体に障害が残っている人のために、運動療法や物理療法を用いて日常生活の動作が改善できるようサポートする人のことです。理学療法士になるには国家試験に合格して資格を取得する必要があります。理学療法士の国家試験は、受験条件があるので注意しましょう。国家試験の受験条件とは、大学や専門学校で所定の科目を3年間履修することです。このため大学又は専門学校に入学して勉強する必要があります。早く国家試験を受けたいなら専門学校がオススメですし、基礎からじっくり学びたいのならば4年制の大学で学ぶのが良いでしょう。国家試験の合格率は平均して80%以上です。一見合格率が高いので優しい試験のように見えますが、皆さん学校で資格取得のために頑張って勉強しているためなので、しっかり勉強して受験に望みましょう。専門学校ならば必要なカリキュラムを教えてくれるだけでなく、国家試験合格に向けての受験指導や、合格後理学療法士として即戦力として働ける人材となれるよう実技指導も充実しています。中には就職先も紹介してくれる学校もありますので、利用すると良いでしょう。

PICK UP

リハビリ医療の現場で働く

マッサージ

理学療法士は、日常動作の機能回復を主な目的とする理学療法のスペシャリストです。養成コースを持つ大学・短大・専門学校等で3年以上学び、国家試験に合格すると資格を取得できます。医療の分野はもちろん、最近は高齢者介護の分野でも活躍する人が増加しています。

詳しく見る

骨や筋のスペシャリスト

施術

柔道整復師は骨や関節等を治療する仕事です。医師とは違い投薬や手術を行わない非観血的療法で治療するのが特徴です。この仕事は国家資格が必要です。指定された養成課程のある大学や専門学校で学び卒業してから国家試験に臨み合格することで資格が得られます。

詳しく見る

医療関係の資格を取得する

施術

医療関係の資格取得を目指すなら理学療法士がオススメです。理学療法士は体に障害がある人に各種療法を行い、日常生活の改善をサポートする人のことです。理学療法士は国家試験に合格する必要があり、大学や専門学校等で所定の科目を履修することが条件です。

詳しく見る

心理系の専門家になる

大学生

心理学を医療に応用している専門資格は現在のところ臨床心理士がありますが、近いうちに公認心理士も設立されます。しかし、いずれの職種も高いモチベーションが要求されます。取得には大変さはありますが、働く意義や活躍できる幅は非常に大きいと言えます。

詳しく見る

Copyright© 2017 心理学関係の資格を取ろう|資格取得条件を解説 All Rights Reserved.